ニキビを引き起こす菌の性質

ニキビはアクネ桿菌をはじめとした菌の働きで発声します。毛包の中には常に何種類かの菌が生息しており、その中でアクネ桿菌は嫌気性であるため、毛穴が角質でふさがれて酸素が減少することで活発に活動するようになります。そして毛穴の中で皮脂を栄養として繁殖するのです。
アクネ桿菌が生み出す酵素は皮脂を「遊離脂肪酸」という物質に変化させます。この遊離脂肪酸が毛包の中を刺激することで、角化異常が誘発され、ニキビの初期の段階であるコメドがつくられやすくなってしまうのです。ニキビのできやすさには、遺伝の要素があることも考えられています。家族や親戚にニキビで悩んでいる人がいるのならば、血のつながりがある人も同じ悩みを抱える可能性は大きいといえます。

ニキビで悩んでいる人にどうすればニキビで悩まなくなるかを教えていこうというのが目的のブログです。